HOME > コラム > アーカイブ > 2016年7月

コラム 2016年7月

モロッコでの出会いが「カタチ」を作る


こんにちわ〜!

 

福岡の山笠追い山の終わりと同時に梅雨明けしました

 

7月も残りわずか...さぁkatachi-no-nai 美容室の進行状況をご報告しま〜す

 

やっと内装の打ち合わせが終わりに近づきました

 

思いのほか時間がかかり、正直あせっていました

 

はやくopen日を発表したいのですが、まだできない泣

 

目標は8月31日なんですが、果たして間に合うのか!?

 

 

「今日は漆喰のお話」

 

モロッコで出会った素敵夫婦...しもんくん&ゆうこちゃん

 

なんと2人は福岡出身で、帰国後も頻繁に連絡取り合ってますw

 

そして、今回2人の協力の下にお店の壁を自分たちで塗っちゃうことになりました〜


田川へやって来ました

 

しもんくんの家は漆喰の生産をしているんで、工場見学へ

 

てか、そもそも「漆喰」って何?

 

まず読めます!?「しっくい」ですw

 

日本のお城の壁を想像してください...あれです!

 

大阪城の鏡の様に光り輝く壁

 

この工場から生産された「城かべ」というベストセラー製品が使われています

 

 

 

分かりやすくまとめます↓

 

 

漆喰(しっくい)工法

 

我が国伝統のもので、古くから城郭や神社仏閣、そして民家の壁や土蔵などに広く使われてきた

 

 

戦後の一時期までは、町場における内外装仕上材として主流を成していましたが、高度成長期における建築様式の変化もあり、工事の量もかなり減少

 

 

しかし、近年その価値が見直されてきた

 

漆喰の持つ吸放湿性、環境に対する安全性、リサイクル性、健康に対する優しさそしてシンプルな美しさ

 

(田川産業Hp参照)

 

 

DIY(ディー・アイ・ワイ)ブーム到来!!

 

Do It Yourself!

 

 

専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること

 

 

高度な技術が求められる左官作業も手軽に楽しめる時代がやってくる


っということで、お店の壁をDIYしちゃいましょう〜っっw

 

石膏ボードに漆喰を塗る体験会

 

難しそうじゃけど、ちょっとコツ掴んだら...めっちゃ楽し〜!!

 

 

女性でも簡単に塗れちゃう!? (DIY用に特別に制作された漆喰使用)


塗り方によってデザイン自由自在

 

ちょっと思いついたんじゃけど、実際にお店の壁を塗るとき、お手伝い募集しま〜す!

 

特典はなんと、自分の手形をkatachi-no-nai美容室に残せちゃう!?

 

また詳細決まったらお知らせします

 

 

 

ここからは、もっと漆喰について知りた〜いという方の為に、さらに深くひも解いて行きますw

 

しもんくんのガイドによる工場見学ツアーへ出発!!

 

 

 

これなんでしょう!?

 

そうっみなさんご存知...「石灰石」っw

 

石灰と聞いてなじみ深いのは、体育倉庫に置いてあるライン引きですね?

 

あの白線は「石灰」

 

石を砕けば、生産できる訳じゃないんです!!

 

燃料になるコークスと一緒に、とてつもなく大きな釜で焼きます

 

石灰石が生石灰に変化

 

隠し味には「塩」を少々っw

 

冗談じゃなくてホンマに!!

 

塩が入る事によって、できた製品の塗り心地に劇的な変化が生まれるとのこと

 

 

次の行程は...

 水を加えて、消化させます

 

この行程により、生石灰から消石灰に変化

 

より上質な漆喰を作るために、何度も振るいにかけられます

 

省かれた物は、先ほど紹介したライン引きの粉や、家畜飼料になります

 

 

消石灰+スサ(植物)+海藻ノリを絶妙に配合して作られるのが「城かべ」という製品

 

もっと細かく製造工程を紹介したいんですが...長くなりすぎるんで、我慢します

 

興味ある方は、工場見学ツアーへいきましょう!!

 

めっちゃ楽しいし、絶景を見る事も出来るんですっw

 

 

 

秘境スポット1 白銀の世界

工場内はすべて真っ白

 

ウユニ塩湖の乾季では2D平面ですが、ここでは3D立体的に全て真っ白

 

工場のはずなのに、なぜかファンタジーの世界にやって来たのかと錯覚してしまう

 

 

秘境スポット2 つらら

 

 

鍾乳洞にいかなくても、長い年月と共に作られた「つらら」を見る事が出来ます

 

儚くも、力強くも感じる「つらら」...虜になること間違いない

 

 

 

秘境スポット3  聖なる泉

もう言葉では表現できない....

 

この光景は週に1回しかみれないらしい

 

工場が稼働していない時に、発生する現象なんです

 

ちなみに消石灰ではなく、炭酸カルシウムを生産しているところ

 

略して「炭カル」...響きがかわいくないですか?

 

タンカルっwゆるキャラ作りたいっっw

 

 

 

 

工場見学を終えて、小腹が空いたんでレストランへ...

 

 

では、お好みの炭酸カルシウムを選んで実食!!

 

 

お味は...食べてみてからのお楽しみ

 

僕の思いついた炭カル(炭酸カルシウム)を使ったレシピ

 

毎朝のカルシウム補充に

 

お好みのヨーグルトや、スムージーに混ぜてみては!?

 

 

※基本食用ではありません。食べても害はありません。家畜飼料に使われます。

 

 

 

お腹も実たったんで、お土産売り場へ(実際はありません)


Limix ライミックス 世界初 漆喰セラミック

 

日本古来の伝統素材「漆喰」を当社独自の技術で成形した、非焼成セラミックです。漆喰ならではの心地よさ、質感、高級感をそのままに、床などあらゆるシーンで使用できる新素材として生まれ変わりました。

 

漆喰をプレスすることによってできる製品

 

なんと漆喰自体が呼吸するため、さまざまな特殊効果があります

 

一番着目したいのが、消臭効果!!

 

夏場の生ゴミの匂いとかいやですよね...一人暮らしの狭い部屋だとこもったりして

 

 

そんな時は、ルミエキューブ

トイレなんかに置いても、オシャレなインテリアに

 

匂い成分を吸着してくれるんですが、効果が落ちてくると太陽光に当てる事で復活

 

katachi-no-nai 美容室トイレに置くので、探しに来てねw

 

 

 

 

お礼にヘアカットっw

 

僕自身とても漆喰に興味がわいたんで、みなさんにも知ってほしい!!

 

また、壁を塗る作業日程が決まったらお伝えするんで、是非手伝いに来てねっw

 

 

 

 

おまけ モロッコ写真 


狭い空間をコンセプトに落とし込め

こんにちわ!日本の湿気...凄まじいですねっw

 

常に暑い環境の中で生活していたんで、日本の夏なんてへっちゃらって思っていたんですが...

 

ムリッ!!夜寝れない...日中汗の量が尋常ではない!

 

本気で自律神経系の病気にかかったんじゃないかって、心配してましたっw

 

いよいよ梅雨もラストスパート、来週には梅雨明けかな?

 

 

「いつkatachi-no-nai 美容室オープンするんですか!?」

 

それがまだ決まってないんです汗

 

希望は遅くても8月中旬...お盆明けにはって考えなんですが

 

来週には決定してご報告できると思いますので、もうしばしお待ちください!


それでは現状報告行きたいと思います!!

 

只今内装打ち合わせ中〜7月15日鍵渡し

 

それに間に合わせたいと、内装業者さんに無理言って急ピッチで進行中

 

 

9.95坪の小さなスペース

 

てか図面みたらバルコニーの大きさに目を奪われるよねw

 

 

最初の打ち合わせから2週間!?平面図が完成したんで、2度目の立ち会いへ

 

 

出来上がった平面図がこちら↓


プランA

 

やはりプロが書いたら違いますねw

 

katachi-no-nai 美容室のコンセプト & 吉田諭史のスタンス

 

これらを最大限に発揮できるレイアウトとは!?

 

シャンプー台、洗面台のみが固定式で設置、後は全て可動式にする!

 

 

常に変化する空間にあくまでもこだわるには、固定なんてできない、むしろ「したくない」

 

 

プランB

 

建物の構造上、施工のコストダウンを考えるとベストな配置がこちら...

 

この図面を見たとき、やっぱりかと思ったんじゃけど....これじゃだめなんじゃ!!

 

ビルのオーナーさんから窓枠冊子等の大まかな工事が許可されないこともあり、

 

バルコニーへのルートを考えると、この配置だとなかなか難しい

 

 

ここで妥協したらだめよね!?

 

 

狭い空間を最大限に利用するには、プランAのレイアウトだ!!

 

 

天井や壁、電気の配線等細かい打ち合わせをし、立体図作成へ

 

 

今週末には仕上がる予定なんで、お楽しみに〜


1

« 2016年6月 | メインページ | アーカイブ | 2016年8月 »

このページのトップへ